弥勒堂

金堂前庭の左手にある三間四方のこの堂は、興福寺の伝法院を受け継いだと伝える鎌倉時代の建築で、元は南向きであったのを室町時代に東向きとし、江戸初期にも改造されている。内部の四本柱の中に須弥壇を置き、厨子入りの弥勒像を安置する。


天神社

軍茶利明王石仏

金堂前庭の右手、天神社拝殿脇の岩に彫られた明王像。奥に天神社が見える。

トップへ