寳物殿 御仏と寳物 Sculpture

十一面観音菩薩立像

国宝
平安時代前期

上品で端正な顔立ちには女性的な優しさが漂うが、その体躯はしっかりとして引き締まっている。本尊の本来の脇侍として造られたものと考えられる。
八重蓮華座と呼ばれる台座は、後世の補作の部分はあるものの、平安前期の様式を良く伝えて美しい。

八重 蓮華座

釈迦如来坐像

国宝
平安時代前期

弥勒堂に客仏として本尊の左方に安置されていた像は、榧の一木造りで、平安前期彫刻の白眉として知られている。どっしりと安定した姿に引き締まった穏やかな表情が美しく、渓谷の清流を思わせる翻波式衣紋は明快である。

地蔵菩薩立像

重要文化財
平安時代前期

宇陀川に流れ来た像を村人が救い上げたと伝えられる三本松・安産寺所蔵の地蔵菩薩立像は、金堂本尊に極めて良く似た漣波式の室生寺様である。一方、金堂の地蔵菩薩立像は光背の大きさに比べ像が小さく、これを安産寺の像に合わせると違和感なく一致することから、光背は安産寺の像のもので、金堂の脇侍であったと考えられる。

地蔵菩薩立像 光背

光背には九体の地蔵菩薩坐像や宝相華などが華麗に描かれている。

十二神将立像

重要文化財
鎌倉時代

薬師如来の眷属として昼夜十二時に十二の方位を守るこれらの像は、頭上に十二支の動物を付ける。誇張された自由な姿態の表現は鎌倉中期の特色であり、その代表作といえる。
寳物殿には寅神、卯神、辰神、巳神、未神、酉神を安置している。

  • 辰神

  • 未神

  • 巳神

  • 酉神

  • 卯神

  • 寅神