伽藍一覧 伽藍と境内 Sculpture

本堂(灌頂堂)
ほんどう(かんじょうどう)

国宝
鎌倉時代

金堂からさらに石段を登ると本堂がある。ここは真言密教の最も大切な法儀である灌頂を修するための堂で、寺院の中心であるところから本堂、或いは灌頂堂と呼ばれる。延慶元年(1308)の建立。五間四方入母屋造りの大きな建築で、和様と大仏様の折衷様式を示す。

安置されている御仏

金 堂
(こんどう)

国宝
平安時代前期

鎧坂を登ると、穏やかな柿葺(こけらぶき)の金堂が石段の上に次第に競り上がって、全貌の見える小さな平地に出る。高床の正面一間通りは江戸時代に付加した礼堂で、これが無かった時代には、この石段上から堂内の仏像の姿が拝めたようだ。

安置されている御仏

五重塔
(ごじゅうのとう)

国宝
奈良時代後期

本堂の西側、高い石段の上に優美に立つこの塔は、屋外に立つ五重塔としては我が国で最も小さく、また法隆寺五重塔に次ぐ古塔である。檜皮葺の屋根や丹塗りの組物が、奥深い樹林に包まれて格別の風情がある。

コラム

弥勒堂
(みろくどう)

重要文化財
鎌倉時代前期

金堂前庭の左手にある三間四方のこの堂は、興福寺の伝法院を受け継いだと伝える鎌倉時代の建築で、元は南向きであったのを室町時代に東向きとし、江戸初期にも改造されている。内部の四本柱の中に須弥壇を置き、厨子に収められた弥勒菩薩像を安置する。

安置されている御仏

奥之院
(おくのいん)

重要文化財
鎌倉時代後期

五重塔の脇を通りすぎて、急な石段を登り切ると奥之院がある。弘法大師像を祀る御影堂(みえどう)は大師堂とも言い、板葺き二段屋根の宝形造りで、屋上の宝珠と露盤は優品である。各地にある大師堂の中でも最古級の堂。